満緑カフェ&ショップ

Just another WordPress site

オージャスとは

満緑カフェが大切にしている
オージャスについて

土の栄養や、太陽の光、雨や風や、人々の育み、そして流れた時間などの、沢山の恵みによってようやく実った、お米や、野菜、果物。

旬の食べ物が美味しいのは、このように新鮮な元気の素が沢山入っているからなのだと思います。

アーユルヴェーダでは、元気の素を「オージャス(Ojas)」と呼びます。
心やからだを動かす、エネルギーの素です。

生きている人々の体の中には、命を支えるオージャスと、体を守るオージャスの2種類があります。

命を支えるオージャスは、パラ・オージャス(Para ojas)と呼ばれ、心臓に8滴あります。
白色で若干の赤黄色を帯び、蜜の味、香ばしい香りがすると言われます。

お母さんから8滴のオージャスが心臓に入ると、
心臓がどくん、どくんと動き出すそうです。
命の火が消えるまで心臓にありますが、8滴のパラ・オージャスが少しでも減ってしまうとき、それは死んでしまうときなのです。

もうひとつの、体を守るオージャスは、アパラ・オージャス(Apara Ojas)と呼ばれるもので、心臓につながる血管から、体全身に走り回って、循環されています。

オージャスには「力」と同じ意味があって、体力や病気、老化に耐えられる力でもあるのです。
免疫力もその一つです。

アパラ・オージャスの量は、平均では、手のひらに半分くらいです。

人それぞれ、手のひらの大きさが違うので、持っているオージャスの量が違います。
そして、その人のその時々の、体や心の状態によっても、量に違いが出てきます。

例えば、元気で、キラキラ輝いている人、体力があって、病気にかかりにくく、肌にツヤがあって、声にはりがある人・・・そんな人は、手のひら半分以上のオージャスが、体の中を巡っているといえるでしょう。

反対に、いつも恐れや不安を抱いていたり、風をひきやすい、なんとなくやる気が出ないなどのときは、オージャスが減っている証拠です。

手のひら半分のオージャスが、こぼれてしまっている状態です。

しかし、

命を支えるパラ・オージャスは増やすことのできないものですが、体を守るアパラ・オージャスは、心がけ次第で、増やすことができるのです。

アパラ・オージャスは、毎日の生活の中で、常に減ったり、増えたりしているものなので、いつもオージャスが増えるように心がけていると、若さと健康が保たれるのです。

ではどうしたらいいかというと、その一番の方法は、なんといっても食事ですね。

最初にお伝したように、新鮮な旬の食べ物には、私たちが元気になるオージャスがたくさん含まれています。

その他にも
・あたたかく、できたてのもの
・牛乳、ギー、生アーモンド、完熟したフルーツ、ココナツ、なつめやしの実、生はちみつなど
にもオージャスがいっぱい。

それを、美味しく、気持ちよく、体を喜ばせながら食べると更にオージャスが増えていきます。

一方で、

・過度の運動や労働。
・食事制限や過度の断食。
・心配ごと(現代では、精神的なストレスですね)。
・恐怖や、悲嘆にくれること、
・夜ふかしや睡眠不足。

などはオージャスが減ってしまいます。

満緑カフェでは、

このオージャス=元気の素をとても大切にしています。

旬のもの
出来立てのもの
地元の食材
愛情込めて作られたもの
オージャスが増える食材

祖父母がココロを込めて作った野菜や、母の素材を活かした愛情のこもったレシピは、まさにオージャスそのものです。

食べた人がオージャスいっぱい、元気になって帰っていただけるランチ、スイーツ、ドリンクメニューをご用意しています。

そして、

笑うこと、寝ること、休むことも大切なオージャスの増やし方です。

大自然の中にあるカフェで、ゆったりとくつろぎ、たくさん笑って休んでいってくださいね♪

オージャスが増えると、

健康で、元気に、美しく、魅力的に。
その人本来の輝きが増していきます✨

カフェメニューやイベント、アーユルヴェーダを通して、

そんな、本来持っている皆様のオージャスが輝くような場所にしていけたらと思います✨